液体窒素容器.com

液体窒素容器

生物試料の凍結保存・移動に。ニーズに応じた多種多様な液体窒素容器を取り揃えています。
ホーム > 生物試料の保存方法
生物試料の保存方法

生物試料保存の推奨最高温度

保存する試料容量容器収納形態凍結温度
藻類0.5~1.0mlクライオバイアルボックスまたはケーン-150℃
血液0.5~500mlクライオバイアル/血液バッグボックスまたはケーン/
バッグラック
-150℃
細胞
:動物/ヒト0.5~1.0mlクライオバイアルボックスまたはケーン-150℃
:植物0.5~1.0mlクライオバイアルボックスまたはケーン-150℃
:胚ストローケーン-150℃
菌類
:菌糸体0.5~1.0mlクライオバイアルボックスまたはケーン-150℃
ハイブリドーマ0.5~1.0mlクライオバイアルボックスまたはケーン-150℃
ファージ
:ライブラリー0.5~1.0mlクライオバイアルボックスまたはケーン-150℃
:原虫類0.5~1.0mlクライオバイアルボックスまたはケーン-150℃
ウイルス
:細胞内生物0.5~1.0mlクライオバイアルボックスまたはケーン-150℃
生物試料の保存方法

生物試料保存の推奨最高温度

保存する試料
容量容器収納形態凍結温度
藻類
0.5~1.0mlクライオバイアルボックスまたはケーン-150℃
血液
0.5~500mlクライオバイアル/血液バッグボックスまたはケーン/
バッグラック
-150℃
細胞
動物/ヒト
0.5~1.0mlクライオバイアルボックスまたはケーン-150℃
植物
0.5~1.0mlクライオバイアルボックスまたはケーン-150℃
ストローケーン-150℃
菌類
菌糸体
0.5~1.0mlクライオバイアルボックスまたはケーン-150℃
ハイブリドーマ
0.5~1.0mlクライオバイアルボックスまたはケーン-150℃
ファージ
ライブラリー
0.5~1.0mlクライオバイアルボックスまたはケーン-150℃
原虫類
0.5~1.0mlクライオバイアルボックスまたはケーン-150℃
ウイルス
細胞内生物
0.5~1.0mlクライオバイアルボックスまたはケーン-150℃